ぶらり谷中銀座の旅

 こんにちは、オカメです。
今週は谷中銀座をぶらりと歩いて参りました。

リオンは初めての谷中銀座、日暮里駅からの出発です。
平日でも観光客の方がちらほらみえて、とても賑わっていました。
この日は、4月23日に行われた『東京レインボープライド2023』のパレード参加に向けて、長い距離を歩く練習も兼ねていたため気合い十分です。


谷中銀座商店街はつい覗きたくなるようなお店ばかりで、歩いているだけでわくわくしてきました。
お洒落な雑貨屋さん、かわいいハンコ屋さん、砂時計のお店・・・。
食べ物屋さんも多くて、着いて早々に栗のソフトクリーム、さつまいも、ミルクセーキ、ねこのしっぽ(のようなケーキ)を平らげ、最後はノンアルコールのレモンサワーをぐびっと一杯!


どのお店もこだわりを感じるものばかりでしたが、中でも『蜜芋研究所』さんのお芋へのこだわりといったらすごかったです。


店内のショーケースの中にはたくさんの品種のお芋があって、なかなか決められずにいたところ、店員さん(親切でとても感じのいい方でした)が「冷やしならねっとり系のシルクスイートがおすすめです」と教えてくださったので、冷たいシルクスイートとお芋のミルクセーキを注文しました。


で、これがびっくりするくらいおいしいんです。


皮はほとんど存在感がないほど薄くて、中のお芋は均一にねっとりしていてやさしい甘さでした。
(ぺろりと食べてしまって写真を撮り損ねてしまいましたが、きれいな黄金色をしていました。)
色、形、味・・・本当にさつまいもなのか?と怪しんでしまうほどおいしかったです。
お店の人の話によると、すごい賞も取っているお芋なんだとか。
なるほど農家さんがすごいのかと思ってしまいがちですが、調理をするのも簡単ではないはずです。
「さつまいもを買って自分で蒸かせば、お得におうちで大量にお芋が食べられるじゃん!」と安易に考えて失敗した人はきっとわたしだけではないと思います。
さつまいもを蒸かすのって意外と難しいんですよね。
やはりプロの方にはかないません。
『蜜芋研究所』さんのお芋はどうやって蒸かしているのか想像もつかないです。
もしかしたら全然違う調理法なのかもしれません。

帰りにさつまいもチップスのお土産まで買って大満足のぶらり旅でした。
今回は定休日のお店も何軒かあったので、今度は別の曜日にも行ってみたいと思います。


  *リオン*
好きな食べ物はフルーツ。
尊敬する人はランディ・ジョンソンとイチロー。
サイトマップ  プライバシーポリシー