リスペクトマト

 こんにちは、オカメです。
リオンのリクエストに応えて育てていたミニトマトですが、ようやく食べられるまでに成長しました。


ルッコラや水菜はすぐに育ったため今もサラダ三昧の日々を送っていますが、どうもミニトマトだけ成長が芳しくありませんでした。
オカメ農園は日の当たる時間が限られているので、太陽の光を好むミニトマトとは相性が悪いのかもしれません。
茎や葉が大きくなってからもなかなか実がつかず、種を蒔いてから3ヶ月以上経ってやっと緑色をした実が顔を出しました。


緑トマトから徐々に橙トマトになり、そこから赤トマトになるまでがまた長かったです。
スーパーの野菜売り場でミニトマトを見る度に『うちの子はまだ緑色なのに・・・』と悲しい気持ちになりました。


トマトは乾燥気味に育てたほうが強く甘く育つそうです。
そのため水やりの頻度はやや少なめにしていたのですが、予想を上回る暑さにやられてしまい、途中、橙トマトをつけた茎が1本だめになってしまいました。
せっかくの橙トマト・・・肥料をあげたり、邪魔な葉を取り除いても復活しそうにありません。


もう撤去して次の種を蒔こうと決めたその翌日のことです。
倒れかけた茎、色が悪い上に少なすぎる葉の中から、きらきらと輝く赤トマトの姿が!
たったの一晩で緑トマトも橙トマトになり、どのトマトも食べられそうです。
ただ、茎のほうは昨晩よりも水分が抜けて更にひどい状態でした。


最後まで力を振り絞って真っ赤な実をつけたミニトマト、もちろん生のままサラダにして食べました。


何も知らないリオンも「おいしい!」と満足そうに食べていました。
その言葉を聞いてきっとミニトマトも満足していることでしょう。


-----------


実はここ数日、リオンは怪我で休んでおりました。



新しいダンベルがよっぽど嬉しかったのか、届いたその日に長時間に及ぶ無茶なトレーニングを行い、シンプルに筋肉を傷めたようです。
ミスターオーバーワーク。
幸い、ちょうど休まなければいけない週だったのでしっかりと休息を取り、今は回復しています。


リオンもわたしも赤い実をつける前に倒れるわけにはいきませんので、お互い気をつけていきたいと思います。


  *リオン*
好きな食べ物はフルーツ。
尊敬する人はランディ・ジョンソンとイチロー。
サイトマップ  プライバシーポリシー