「今、何時ですか?」

 こんにちは、オカメです。
ここ最近いろいろなところに問い合わせをしまくっています。



こどもの頃、わたしには門限がありました。
夏は18時、冬は17時くらいだったと思います。


学校が休みの日も友達と待ち合わせをして、駄菓子屋さんに行って、たまにいつもと違う公園に行って・・・そうこうしているうちに時間があっという間に過ぎていきました。


『あれ、今って何時なんだろう・・・』


こどもだったので時計も持っていませんでした。
今思えば門限といっても時間厳守というわけではなく、要は『暗くなる前に帰ってこい』ということだったのでしょうが、当時のわたしにはそんなこと知る由もありません。


約束した時間までに帰らなければいけない。
時間を過ぎて怒られるのは嫌だし、時間を過ぎたのに怒られないのもなんか嫌だ。
なので、とにかく門限までに帰らなければいけません。
だけど時間がわからない・・・そんなとき、わたしはいつも知らない人に声をかけていました。
「今、何時ですか?」と。


誰に聞いても親切に答えてもらえました。
今だったら駅やコンビニなど時計がありそうなところに行って自分で確認したり、そもそもスマホ(ちゃんと充電して)を持ち歩いたりと、できるだけ自分の力で解決するように努めることができます。
それでも時間がわからなくて困ったときは、やはりわたしは誰かに「今、何時ですか?」と聞くと思います。


というわけで、いろいろなところに問い合わせをしまくっています。
ありがたいことに、昔と変わらず、みなさん嫌な顔ひとつせずに答えてくださります。
誰かに何かを聞くというのは悪いことではありません。
(もちろんそれは自分でも努力し、聞く相手に最大限配慮した上で、ですが。)
とはいえ、みなさんびっくりするほど親切丁寧に答えてくださるので、こちらはただただ恐縮してしまいます。
本当にありがとうございます。
おかげさまで、来年からは新しいことを始められそうです。


ちなみに、自分が誰かに何か聞かれることがあったときには全力で答えようと心がけています。
観光客の多い浅草では外国の方に道を聞かれることも多いです。
そんなときは「カモン!」と言って一緒に目的地まで行ってしまうこともあります(英語が話せないので)。


  *リオン*
好きな食べ物はフルーツ。
尊敬する人はランディ・ジョンソンとイチロー。
サイトマップ  プライバシーポリシー